インフォメーション

Perfumeを知らない方は先ずこちらの記事を! Perfumeが気になり出した人への「キラーコンテンツ」

Perfumeをもっと知りたい方はこちらの記事を! Perfumeの基礎知識


お友達ブログの紹介!@週替わり

Perfumeとしょうゆぶろ
PhotoShop等にて、美麗なPerfume画像をお作りになっています。
ダラダラと長いだけの私のブログと違って、伝えたい事を簡潔にポイントを抑えて書かれています。
爪の垢でも煎じて飲ませて頂きたいところです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神「中田ヤスタカ」 その1

2009年10月24日 20:12

Perfumeの東京進出以降の楽曲のほぼ全て(LIVE音源のアレンジ・リミックス等は除く)を担っているのが、「神」こと「中田ヤスタカ」氏です。

vl2_156137.jpg



中田氏の略歴は、
1980年2月6日に石川県金沢市で生まれる。
本名は「中田康貴」

幼少の頃からピアノを習うが、他人の作った曲を弾くことに疑問を感じていたようです。

そして小学5年生の時に、初の作曲。
中学1年生で自宅録音を始める。
当時は今は民生用としては無くなってしまった、β規格のビデオデッキに録音していた。
パーカッションには空き缶などを使用していたとのことです。

中学2年生の時に親の使っていたNECのPC98シリーズのパソコンにソフトを入れて、打ちこみを始めてみるものの、パソコンの処理が遅すぎて使い物にならなくて止めてしまう。


高校に入った頃にはそれまでは高価であった「シーケンサー」が、比較的安く機能も豊富になってきた事もあり、初めてYAMAHAの「QYシリーズ」を買って打ちこみを始める。


確かにそれまでの「シーケンサー」と言えばROLANDの「MC4」「MC8」が走りで、これで同時に4音と8音コントロール出来る物だった。

「シーケンサー」とは、楽譜上の音符を数値化して打ち込み、それでシンセサイザーなどをコントロールして自動で演奏させる物。


しかし、これは外部に音源となるシンセサイザーを用意しなくてはいけなくて、それを揃えると100万円を超えるようなとても高価な物だった。

シーケンサーMC8
1977_mc-8.jpg

そして当時MC8の音源として使用されたSYSTEM700
写真では小さく見えますが、この写真のようなセットを組むとそれは大きく且つとても高価でした。
1976_system-700.jpg



その後電子楽器に「MIDI規格」が登場、それと機を同じくするように「MSXパソコン」が発売されこれを「シーケンサー」として使うという事が出来るようになったが、それでもやはり音源は外部のユニットやシンセサイザーなどを必要とした。
当時は「ミュージックパソコン」と称して、YAMAHAから「CX-5」などのパソコンが発売されていました。
MSX_YAMAHA_CX5.jpg


MIDI対応のシーケンサーも発売されるが、まだまだ高価でありそして現在のDTMのようにディスプレイで直感的に見るという事は出来なかったので、打ちこみは面倒臭かった。

PANKも打ち込みをやった事がありますが・・・
本当に面倒臭かった(笑)
1983_MSQ-700.jpg



当時楽器店でシンセサイザーや多重録音機器のフロア担当をしていたPANKですが、「CX-5」と衝撃的なデビューを果たしたYAMAHAのFM音源シンセサイザー、「DX-7」を沢山売った記憶があります。
この時期が今のDTMに繋がる黎明期だったのかもしれません。



そしてデジタル機器の発展と価格がこなれてきた事もあり、その後に登場した「QYシリーズ」は音源も同時に持っていた上に、比較的安価でもあったので高校生の中田氏にも手が出せたのであろう。
qy100.jpg


そして・・・
16歳の時に「サンプラー」が欲しくて、10万円の賞金目当てでYAMHAのコンテスト『3rd XG DATA CONTEST』に応募する。

「サンプラー」とは、例えば人の声や生楽器その他様々な音をマイクで取り込み、デジタル処理を施しそれを音源として使えるようにする物。



その時の応募作品がテクニック賞に輝いた
「会席料理」という曲の音源

そして最終選考まで残った
「XGroove」という曲の音源

才能は万人に与えられる物では無いんですね。
羨ましい・・・



そして1997年17歳の時に、「こしじまとしこ」さんと「capsule」を結成する。

2001年に「さくら」でメジャーデビューを果たす。
発売は2001年3月。



こしこ!若いよ!こしこ!



そしてこの曲も聞いてみて下さい。
タイトルは「retro memory 」です。
発売は2004年2月です。



もろに「ピチカートファイブ」ですよね。
それにこの曲はなんとなく「クリームシチュー」が食べたくなります。
それもそのはずで「ハウス食品」のCM曲ですし、CMのアニメーションは「スタジオジブリ」が担当していました。

初期の「capsul」は渋谷系だったようです。



「ピチカートファイブ」を知らない若い方の為に代表曲をどうぞ!


いやあ!
今聞いても新鮮です。良く出来た心地よいポップミュージックだと思います。
「ピチカートファイブ」は小西康陽、高浪慶太郎、鴨宮諒、佐々木麻美子の4人で結成され、一時代を築いたグループです。



「capsul」での活動と平行して、同じ専門学校に通っていた「木の子」さんとユニット「SYNC⇔SYNC」を結成し活動をする。
「木の子」さんは作詞とボーカルを担当した。


このユニット単位で後のPerfumeに携わる事になる。


今回はここまでです。

PANKでした。


ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!

             <関連CD・DVD・書籍>



ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 



コメント

  1. 青天井 | URL | 9L.cY0cg

    ヤスタカ様

    貴重な音源が聴けてビビりました!

    若いときから才能を持っている方だと
    改めて思いました。
    また、機材環境の進化と才能開花の
    タイミングもうまくリンクできたんですね。

    そしてPerfumeとの出会い

    偶然では片付けられない
    何かを感じますね(笑)





  2. Gen◇◆ | URL | TjhrGpXA

    はじめまして(いきなりダラダラすみません)

    はじめてコメントさせていただきます!
    ブログランキングを何となく眺めていて、つい最近見つけました。
    僕は今年の初めからのご新規Perfumeファンでして、最初の三ヶ月で相当数の動画・テキストを鬼のようにむさぼりましたが、こちらPANKさまのところでは、かしゆかの制コレ写真など、これまでに未見のモノもまだ多く、とても楽しいです。
    これからもどんどん訪問させていただきますので、よろしくお願い致します。

    今回のエントリー記事も興味深く読ませていただきました。

    僕は楽器はカスタネットくらいしかできないのですが(うんたん♪うんたん♪)、後に名を馳せる人は、素人時代からやっぱり違うものなんですねえ。
    Perfumeファンでありながら、テクノやハウスの良さにもうひとつ食いついていないのですがv-13
    このデビュー曲や「retro memory」を聴いて、自分のシュミはやっぱりこっちら辺なんだなぁと、再確認しました。
    (ゆえに現capsuleも少しは聴きますが、これが神のユニットでなければ、やはり聴いていない・・・ような・・?)

    世代的にPANKさまとモロかぶりの僕ですから('68年生まれです)、
    ですからと言っていいのか分かりませんが、ピチカートよいですね~、ピチカート。
    僕は当時、オリジナル・ラヴからピチカートに入ったんですが、田島さんも好きです(最近ごぶさたしてるな・・・)。
    田島さんも岡村ちゃん(靖幸)も、僕が好きになる人はなぜデブる・・・?


    初コメでだらだら書いてしまってすみません。
    続き期待しております。
    ちなみに僕がPerfumeに激ハマリしたのは、「BLACK AND BLUE」のエレワの動画を偶然見たときでした。
    衝撃的でした。

    最後に。
    「retro memory」にこしこと一緒に出演してる男性は、
    「おかけんた・ゆうた」のけんたさんですかv-236

  3. かしゆか大好き | URL | -

    はじめまして

    最近よくオジャマさせていただいております。

    困った事に「ピチカートファイブ」がわからないのですが、僕も1968年生まれです。

    同じ年の方がコメント寄せられていたので、僕も一言。

    perfumeファンから入ってcapsule好きとなり、出かける前は中田氏の曲を聞いてテンションをあげております。

    今回の記事ではPANK様の人物像が少し見えた気がしたのも大変おもしろかったです。

    これからもperfumeの活動が盛り上がりますよう、PANK様がんばってくださいませ。

  4. PANK | URL | -

    Re: ヤスタカ様

    ビビっていただけて嬉しいです。

    まさにデジタル機器の発展と、価格の低下が無ければ今のPerfumeは無かったかもしれませんね。
    そう考えると全ては必然だと思いたくなるのが、ファンの心理ですよね。

    今はDTMが盛んになってきましたので、新しい才能もドンドン出てくることでしょう。
    それも楽しみです。

    またのご訪問をお待ちしています。

  5. PANK | URL | -

    Re: はじめまして(いきなりダラダラすみません)

    おいで下さいまして、有難う御座います。

    私も「GAME」からのご新規さんなのに、偉そうにブログしてます。
    私もPerfumeにとりつかれた当初は、毎日動画漁りとテキスト漁りをしました。
    この辺の行為はPerfumeふぁんのデフォルトな行動なんでしょうね。

    そしてこのブログを始めたのですが、改めて調べるといろんな事が出てきて大変勉強になっています。
    その為に、記事への追記などが頻繁にあると思いますので、チョクチョク訪問して下さいね!

    でも・・・
    あんまり記事に対するハードルは上げないで下さいね(笑)

    私の音楽の趣味は雑食で、耳に気持ち良ければOKなので、capsulも良く聞きます。

    でもピチカートファイブを聞くと正直なところホッ!とする部分はありますね(笑)
    とかフリッパーズギターとかね!

    retro memoryに登場している男性は・・・
    神ヤスタカですよ(笑)

    またのご訪問、ご意見等をお待ちしています。

  6. PANK | URL | -

    Re: はじめまして

    「かしゆか好き」さんいらっしゃいませ!
    あなたもかしゆかが推しメンですか!
    やっぱりオッサンはかしゆかに弱いんですかね(笑)

    15日の横浜で知り合った方も一人はかしゆか推しメンでしたし、もう一人の方はあ~ちゃんが推しメンだったのですが、良席で見たせいか「かしゆかが気になって仕方ない」とライブ後に言っていました(笑)
    かしゆかはオッサンキラーですよね(笑)

    ピチカートファイブは90年代に活躍した「渋谷系」と呼ばれる、そうですねオシャレサウンドとして当時人気がありましたよ。
    小沢健治なんかが活躍した時代です。

    お互いにPerfumeを盛り上げて参りましょう!

  7. Gen◇◆ | URL | TjhrGpXA

    ありがとうございます

    レスありがとうございます。
    お言葉に甘えて、ちょくちょく寄らせていただきます。

    フリッパーズギターもいいですねー。
    小山田くんが俺の満里奈とウワサになった時は(あれ?オザケンもでしたっけ?)、なんだとーっ!と思いましたがv-40

    >神ヤスタカですよ(笑)

    あはは♪そうでしたか(笑)。
    てか、お分かりのようにモチロン冗談です。
    自分のブログに「このネタ書こう!」って思いまして・・・(しょうもなくてすみません)。

    日々のご負担にならない程度に、頑張って下さい。
    また訪問致します。

  8. PANK | URL | -

    Re: ありがとうございます

    オザケンもフリッパーズギターでしたね。

    釣りだったんですか!?
    本気で言ってるのかと思っていましたよ(笑)

    またご訪問くださいね。
    ブログに支配されないようにボチボチやっていくつもりです。

  9. パフュ。 | URL | IW93uXkE

    capsulになってますよ。

    capsuleに訂正した方がよろしいのでは。

  10. pank | URL | -

    Re: capsulになってますよ。

    有難う御座います。

    早速訂正いたしました。

  11. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pank1963.blog91.fc2.com/tb.php/92-122ac13d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。