インフォメーション

Perfumeを知らない方は先ずこちらの記事を! Perfumeが気になり出した人への「キラーコンテンツ」

Perfumeをもっと知りたい方はこちらの記事を! Perfumeの基礎知識


お友達ブログの紹介!@週替わり

Perfumeとしょうゆぶろ
PhotoShop等にて、美麗なPerfume画像をお作りになっています。
ダラダラと長いだけの私のブログと違って、伝えたい事を簡潔にポイントを抑えて書かれています。
爪の垢でも煎じて飲ませて頂きたいところです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2流じゃなくて、1流映像ディレクターな人

2009年12月02日 20:50

ビタミンドロップ以降のPerfumeのPVや映像を一貫して担当しているのは、「超2流カメラマン関氏」です。
そんなPerfumeのPVの中で1曲だけ、「関氏」が担当していないPVがあります。

知ってる方は多いと思いますが、森永乳業のアイスクリーム「PINO」のCMソングとして起用された「シークレットシークレット」のPVです。
撮影は、ミュージシャンのPVで賞を連続受賞したり、カンヌ広告賞を受賞したりと「1流の活躍」をしてらっしゃる「映像ディレクター・児玉裕一」氏です。

その「児玉裕一」氏が「DJ BUBBLE-B」さんのラジオにゲスト出演して、「シークレット・シークレット」のPVについて語っています。

「DJ BUBBLE-B」さんの作品




「シークレットシークレット」のPVにはPerfumeがメジャーになって行く過程での変化を、色々な小物などで表現しているのは有名なところです。
例えば、衣裳が豪華になって行く。
飲み物が豪華になって行く。
セットが豪華になって行く。
街にPerfumeの看板が増えて行く。
などがあります。

この辺は「しょうゆじょうゆ」さんのブログに画像入りで書いてあります。


この仕事に当たるにおいて「児玉裕一氏」は、「シークレットシークレット」を聞き込んだのは当然ながら、それまでの曲も聞き込んだようです。

その過程でPerfumeが好きになり、嵌り一ファンのごとき状態になり、Perfumeの足跡にも触れたようです。
その結果、古参のファンが感じるPerfumeが売れるのは嬉しいけど、その事によって身近なアイドルだったPerfumeが手の届かない向こう側に行ってしまう寂しさを感じるだろうな・・・
ということがあのPVの原点だとのことです。

要するにPerfumeの大ファンになるところから、構想はスタートしたということのようです。
そして、Perfumeの歩んだ8年間を表現したかったようです。

興味深かったのは、Perfumeの足跡などに触れることによって、Perfumeの要は「あ~ちゃん」だと気付いたということです。
なるほど!そこに気がついた「児玉氏」は確かにPerfumeファンであるようです!

そして古参のファンにも、新規のファンにも受け入れられるPVとは?
と思考し、そして出来上がったのがあのPVだったようです。



ラジオの中で「児玉氏」は、このPVがアルバム「GAME」発売直前だった事もあり、「ここから一挙にスターダムに上がって行くんだろうな」という予感みたいなものを感じていたようです。

この発言を聞くとなるほど!そういう意図だったんだと思わせるシーンがあります。
Perfumeが街中に私服で現れるシーンが何度かありますが、街中シーン2回目・3回目でアルバム「GAME」の看板が1枚現れはしゃぐ3人、そして4回目でガッツポーズをする3人のシーンが挿入されています。

その後の街中のシーンでは、「PINO」のCMに起用された3人の看板が一気に3枚に増えています。
そういう事だったんですねえ・・・


また「児玉氏」はこのPVの中で、自分なりのアイドル論も展開しています。
「アイドルとしての笑顔を求められているのかもしれないけど、本当はもっとアーティスティックな事がしたいんだろうな・・・」
と発言しています。
それを表現しているのが、PVが進むにつれて笑顔が消えて行くという形で表現しているようです。

この辺もその後のいろんな騒動やらPerfumeの売り方やらなんやらで、図らずも具現化したなとPANKは感じます。


そしてこのPVで違和感を覚える部分として、「コンピューターシティ」の振り付けで踊っている部分がありますが、これはずっとPerfumeのPVを手掛けてきている「関氏」へのオマージュなんだそうです。
これは初耳でした!
それで、何故コンピューターシティなんだ?ってことになりますが、「児玉氏」が最初に触れた曲がコンピュターシティだったようですので、そこからなんでしょうね。

更に赤いスーツの「宇多丸師匠」は、「MUSIC STATION」「タモリ」さんを表現したようです。
要するに売れてPerfumeも「MUSIC STATION」にも出られるようになった!ということですね。

「シークレットシークレット」のPV




では、その放送の模様をお聞き下さい!
皆さんはどんな感想をお持ちになるでしょうか?
SPEEDKING RADIO第62回目の放送


こういったお話はとっても楽しく興味深いですね!
PANKでした。


<関連記事>
超2流の関和亮さん



ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!




ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 



コメント

  1. ま~くん | URL | mQop/nM.

    初コメです。
    前々から拝見していました。
    今回のブログもマニアックですごく納得
    すごくためになる内容でした!
    改めてシークレットシークレットのPVを見ると
    内容の深さにPV作る人はすごいな~って感じました。

    また、のぞかせていただきます!

  2. Gen◇◆ | URL | TjhrGpXA

    面白かったです

    大変面白いラジオ番組でした。
    不勉強なため、BUBBLE-Bさんを全く存じていませんでしたが、
    これ自体はネットラジオなんでしょうか。
    PANKさんのフォロー範囲に、感心しております
    (僕が知らないだけで、凄く有名な方々でしたらすみません)。


    なお、最初のYouTubeのサムネイル画面。
    「えーっ!?児玉裕一さんって、こんな年配の方だったのか・・・」
    と思ったのは、ナイショです(;^_^A

  3. PANK | URL | -

    Re: タイトルなし

    前々から見て下さっていただいて有難うございます。

    この児玉氏の話を聞くと、プロとしての姿勢に圧倒させられますよね。
    それでこその作品のクオリティだな!と納得させられます。

    これからもご贔屓にお願いします。

  4. PANK | URL | -

    Re: 面白かったです

    私もBUBBLE-Bさんは存じ上げませんでした(笑)

    私のフォロー範囲は広くはありませんよ。
    ただ単にいろんなサイトを巡回したりして、ネタを探しているだけですよ。
    そのお陰でこのブログを始めてから分かった情報も沢山あります。

    でも未だに記憶の中にはあるのに、情報元に辿りつけずにいるものもあります。
    記憶や憶測で書いてしまうのは、ブログといえども怖いですからね・・・
    それがとってもいい話だったので是非記事にしたいのですが、それが出来ないでいるのがなんとも歯がゆい今日この頃です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pank1963.blog91.fc2.com/tb.php/122-05f19d14
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。