インフォメーション

Perfumeを知らない方は先ずこちらの記事を! Perfumeが気になり出した人への「キラーコンテンツ」

Perfumeをもっと知りたい方はこちらの記事を! Perfumeの基礎知識


お友達ブログの紹介!@週替わり

Perfumeとしょうゆぶろ
PhotoShop等にて、美麗なPerfume画像をお作りになっています。
ダラダラと長いだけの私のブログと違って、伝えたい事を簡潔にポイントを抑えて書かれています。
爪の垢でも煎じて飲ませて頂きたいところです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄な知識になるかもしれませんけどね(笑)

2009年12月05日 20:33

寒いですねえ・・・
綺麗なPerfume画像を作っているじょうゆじょうゆさんのブログで、エレクトロについて書いていたので、便乗記事です(笑)
それにとりたてて何もやる事の無い土曜日なので・・・・・orz
無駄な知識特集でもしようかと(笑)

そんな訳で、Perfumeの楽曲には欠かせない「電子楽器」所謂「シンセサイザー」関係の事でも記事にしようかという事です。


では、シンセとは何ぞ?
これはそれまでの楽器の音を真似たり、反対に楽器や自然界には無かった音を、電気的に合成する機械の事です。
音は波型の波形として、オシロスコープなどで電気的に可視化出来ます。
例えば音楽の授業で使われる「音叉」は、「正弦波」と呼ばれる波形で可視化出来ます。

波形の種類
400px-Waveforms.png

図の上から「正弦波・サイン波」「矩形波」「三角波」「鋸歯状波」と呼ばれます。
波形が違う要因は、含んでいる倍音の違いによります。
電気的に可視化出来るという事は、逆を返せば電気的に作った波形をスピーカーで出力すれば、音を出せるという事です。


これがシンセの始まりです。
ではシンセはどうやって音を作り出すのか?
音の3大構成要素は「音程」「音色」「音量」ということを知っておいて下さい。
そのプロセスはこうです。

アナログシンセで話を進めますね。
先ずは「VCO」ボルテージ・コントロールド・オシレーター。
ここで基本になる波形を出力します。所謂「発信機」ですね。ここは「音程」を司っています。


次に「VCO」で発信された基本の波形は、「VCF」ボルテージ・コントロールド・フィルターに送られます。
ここでは、発信された基本波形の中から特定の倍音(周波数)周辺を強調したり、逆に減衰させるなどして「音色」を作り出します。
例えば、ここで「ピアノ」に近い音に近づけていったりする訳です。


次に「VCF」で作られた信号は、「VCA」ボルテージ・コントロールド・アンプリファイヤーへと送られます。
ここでは送られてきた波形の「音量」の変化などを付けます。
これはどういう事かというと・・・

ピアノを例にとります。
先ずはピアノの音を思い起こしてみて下さい。
強めに鍵盤を叩いた時を思い起こすのが理解し易いと思います。

ピアノは強めに叩くと、先ずは大きな音がすると思います。
これが「アタックレベル」となります。
大きく立ち上がった音は直ぐにちょっと音量が下がり、そして緩やかに減衰していきます。
そして鍵盤を離すと、急激に音量が下がっていきます。
この音量の変化をエンベロープと言い、「VCF」で作られた音色がたとえピアノに近くても、このエンベロープの調整が無いとそれらしく聞こえません。
image009.gif

更にプロセスの途中などに別の波形や、時にはノイズなどを加えて音を作り出す事もあります。
ここまでの説明で出てきた「ボルテージ」の部分は、アナログシンセは電圧で音程や音色のコントロールをしていたからです。

今のシンセは「デジタル」でのコントロールになりましたが、基本的には音を作り出すプロセスは変わっていないようです。




次は、Perfumeの「プラスチックボイス・ケロケロ声」を作り出している例の物についてです。
よくその声を「ボコーダー」で作り出していると思っている方が多いようですが、実際には「AUTO TUNE」と呼ばれるコンピューターソフトで作られています。


では「ボコーダー」と、「AUTO TUNE」はどう違うの?ということですが・・・
基本的にまるっきり違います。

「ボコーダー」が世に認知されたのは、「YMO」によります。
私などの世代はもろに「YMO」世代なので、特に勘違いしやすいです(笑)

「ボコーダー」は基本的にシンセサイザーです。
シンセサイザーとしての音の合成プロセスの途中で、人間の声を波形を変化させる要素として取り込む事によってあの独特な音を出しています。
ですから、「ボコーダー」から出される音はシンセの音を人間の声で弄った音になります。


対して「AUTO TUNE」は、もともとボーカルの音程を修正する為に産まれた物です。
例えば半音♭した・・・・・orz
なんて時に、正しい音程に戻してしまう物で主にレコーディングなどで使われていた物です。

ただ、音程を修正する過程の中で極端な設定などをすると、声に変化が起こる事が発見されて「ボコーダーっぽいエフェクター」としての使用が広まった訳です。

あっ・・・
「エフェクター」の説明もしますね。
「エフェクター」で無意識のうちに一般的にも認識されている物として、「エコー・ディレイ」が上げられます。
カラオケなどでお馴染み、ヤマビコみたいな「あ~・・・あ~・・あ~」ってやつです。

それに近い物としては、「リバーブ」もあります。
これはお風呂で歌う事を想像してもらうといいですね。残響と思ってもらって大丈夫です。
その他には、音を歪ませる「ディストーション」。
これはエレキギターの音などでお馴染みだと思います。
他にも「ワウワウ」「エキサイター」「コンプレッサー」・・・・・様々な種類があります。


元の話しに戻りまして、ですから「AUTO TUNE」から発せられる音は基本的には「人間の声」だという事です。
シンセの音が発せられる「ボコーダー」とは大きく違いますね。

分り易いボコーダーの動画。「TOKIO」と発音している部分に注目して下さい。ここは本家YMOとそっくりに聞こえます。つまり、本家と同じシンセの音を選択し、声の抑揚などを似せればそっくりな音が出るわけです。



「AUTO TUNE」で作られた音



中田ヤスタカ楽曲提供の鈴木亜美の曲。AUTOTUNEを使っているのだと思いますが、ボコーダーで歌ったように声を加工しているCan't Stop the Disco



Perfumeで「AUTO TUNE」の存在感が分る曲


上と比べてみると「AUTO TUNE」使いも控え目ですね。

PANKでした。


ついでにもう一つ、懐かしくてしょうも無い知識を(笑)
音楽・メディア業界用語です。

日本での音符の呼び名は「ドレミファソラシ」ですよね。
これがドイツ語だと「CDEFGAB」となります。
発音は「ツェー・デー・イー・エフ・ゲー・アー・ハー」です。
これに数字を当てはめていきます。
「ツェー=1・デー=2・イー=3・エフ=4・ゲー=5・アー=6・ハー=7」「またCに戻る8はオクターブ・9はナインス」などと言います。
これを使って金額などを言ったりします。
例えば、「ツェー万ゲー千」なら「1万5千円」です(笑)
20年も前の話しだけど、今でも使っているのだろうか?・・・・・


<関連記事>

神中田ヤスタカ その1



ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!




ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 



コメント

  1. かしゆか大好き | URL | pYrWfDco

    なぜか。

    おひさしぶりです。

    先日の休みに近所のCDショップに行ったらば

    perfumeコーナーが拡大していました。

    そして、僕は

    いまさら「ポリリズム」を買ってしまいましたv-51

  2. PANK | URL | -

    Re: なぜか。

    お久しぶりですね!

    相変わらずかっしかしのようで安心しました!

    今更ながら・・・分りますよ(笑)

    私も今更ながら、「ワンルーム・ディスコ」の通常盤を買ったりしていますからね(笑)

  3. しょうゆじょうゆ | URL | GAkJEmLM

    なるほど~。

    勉強になるなぁ。でもこれは読み込む必要がありそうです^^;
    じゃあ「I Still Love U」のあのエフェクトはボコーダーから来るものなのかな?


    最後の「ゲー千」そういう意味だったんですね!
    「リンカーン」で松ちゃんが言っていて気になってました。
    まさかここで答えが見つかるなんて(笑)

  4. Kari | URL | z8Ev11P6

    全然無駄じゃないと思います^^

    凄く分かり易い説明です^^

    こおゆうのを理解すると、もっとPerfumeの楽曲を楽しめますね^^

    初めてコメント投稿させてもらいました^^;
    いつもブログ楽しみにさせてもらっています^^

  5. PANK | URL | -

    Re: なるほど~。

    ゲー千の謎が溶けたようで幸いです(笑)

    しょうゆじょうゆさんのコメントを見て「I Still Love U」を聞きこみましたが・・・
    ボコーダーを使っているようには感じませんでした。

    中田ヤスタカが使っているソフト「Cubase」にどんな機能があるのか分りませんから、もしかしたらボコーダーっぽいエフェクトをかけることもできるのかもしれませんね。

    とにかく私の耳では判別不能でした(笑)

  6. PANK | URL | -

    Re: 全然無駄じゃないと思います^^

    楽しみにしていただいて大変嬉しゅう御座います。

    自分もそうなんですが、コメントするのには結構な勇気がいると思いますので、コメントいただいた事を大切にしたいと思います。

    記事がお役にたてたようで頑張り甲斐があります。
    有難う御座いました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pank1963.blog91.fc2.com/tb.php/119-044aea85
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。