インフォメーション

Perfumeを知らない方は先ずこちらの記事を! Perfumeが気になり出した人への「キラーコンテンツ」

Perfumeをもっと知りたい方はこちらの記事を! Perfumeの基礎知識


お友達ブログの紹介!@週替わり

Perfumeとしょうゆぶろ
PhotoShop等にて、美麗なPerfume画像をお作りになっています。
ダラダラと長いだけの私のブログと違って、伝えたい事を簡潔にポイントを抑えて書かれています。
爪の垢でも煎じて飲ませて頂きたいところです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のお遊び・・・

2009年12月06日 18:47

Perfumeのサウンドプロデューサーである「中田ヤスタカ」氏は、Perfume以外のアーティストなどもプロデュースしています。
有名なところでは、鈴木亜美・MEGU、楽曲提供などではSMAP・m-flo・青山テルマなど多岐に渡ります。


そんな活動の一環として、中田ヤスタカ自身とモデルの酒井景都で活動しているユニット「COLTEMONIKHA」があります。
このユニットは今までに2枚のアルバムをリリースしています。

そんな中からとっても面白い楽曲の紹介です。
タイトルは「そらとぶひかり」、作詞は酒井景都さんです。





この曲が何故面白いかなんですが・・・
この曲は英語で歌われています・・・でも日本語に聞こえますよね?

これは日本語で作られた詩に、音感が似ている英語のフレーズを探して当てはめていって作った曲です。
因みにこんな感じの詩になっています。

そらとぶひかり so a lot of heat curry
きみのもとへ give me no motor way
きらきら killer killer
ゆめみたいから you make me tight color
そらとぶひかり so a lot of heat curry
きみのもとへ give me no motor way
きらきら killer killer
まいおりる my only rule
あかいほし archive hot sea
ゆめみたいから you make me tight color
ほし hot sea
ゆめみたいから you make me tight color
ほし hot sea
ゆらめく you are miracle
いつもすきという It's a mosquito! You


日本語ベースですから、英語だと脈絡の無い詩になっていますwww

でも、面白い試みですね。
中田ヤスタカの遊び心にニンマリとさせられてしまいます!

PANKでした。



ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!




ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

スポンサーサイト

無駄な知識になるかもしれませんけどね(笑)

2009年12月05日 20:33

寒いですねえ・・・
綺麗なPerfume画像を作っているじょうゆじょうゆさんのブログで、エレクトロについて書いていたので、便乗記事です(笑)
それにとりたてて何もやる事の無い土曜日なので・・・・・orz
無駄な知識特集でもしようかと(笑)

そんな訳で、Perfumeの楽曲には欠かせない「電子楽器」所謂「シンセサイザー」関係の事でも記事にしようかという事です。


では、シンセとは何ぞ?
これはそれまでの楽器の音を真似たり、反対に楽器や自然界には無かった音を、電気的に合成する機械の事です。
音は波型の波形として、オシロスコープなどで電気的に可視化出来ます。
例えば音楽の授業で使われる「音叉」は、「正弦波」と呼ばれる波形で可視化出来ます。

波形の種類
400px-Waveforms.png

図の上から「正弦波・サイン波」「矩形波」「三角波」「鋸歯状波」と呼ばれます。
波形が違う要因は、含んでいる倍音の違いによります。
電気的に可視化出来るという事は、逆を返せば電気的に作った波形をスピーカーで出力すれば、音を出せるという事です。


これがシンセの始まりです。
ではシンセはどうやって音を作り出すのか?
音の3大構成要素は「音程」「音色」「音量」ということを知っておいて下さい。
そのプロセスはこうです。

アナログシンセで話を進めますね。
先ずは「VCO」ボルテージ・コントロールド・オシレーター。
ここで基本になる波形を出力します。所謂「発信機」ですね。ここは「音程」を司っています。


次に「VCO」で発信された基本の波形は、「VCF」ボルテージ・コントロールド・フィルターに送られます。
ここでは、発信された基本波形の中から特定の倍音(周波数)周辺を強調したり、逆に減衰させるなどして「音色」を作り出します。
例えば、ここで「ピアノ」に近い音に近づけていったりする訳です。


次に「VCF」で作られた信号は、「VCA」ボルテージ・コントロールド・アンプリファイヤーへと送られます。
ここでは送られてきた波形の「音量」の変化などを付けます。
これはどういう事かというと・・・

ピアノを例にとります。
先ずはピアノの音を思い起こしてみて下さい。
強めに鍵盤を叩いた時を思い起こすのが理解し易いと思います。

ピアノは強めに叩くと、先ずは大きな音がすると思います。
これが「アタックレベル」となります。
大きく立ち上がった音は直ぐにちょっと音量が下がり、そして緩やかに減衰していきます。
そして鍵盤を離すと、急激に音量が下がっていきます。
この音量の変化をエンベロープと言い、「VCF」で作られた音色がたとえピアノに近くても、このエンベロープの調整が無いとそれらしく聞こえません。
image009.gif

更にプロセスの途中などに別の波形や、時にはノイズなどを加えて音を作り出す事もあります。
ここまでの説明で出てきた「ボルテージ」の部分は、アナログシンセは電圧で音程や音色のコントロールをしていたからです。

今のシンセは「デジタル」でのコントロールになりましたが、基本的には音を作り出すプロセスは変わっていないようです。




次は、Perfumeの「プラスチックボイス・ケロケロ声」を作り出している例の物についてです。
よくその声を「ボコーダー」で作り出していると思っている方が多いようですが、実際には「AUTO TUNE」と呼ばれるコンピューターソフトで作られています。


では「ボコーダー」と、「AUTO TUNE」はどう違うの?ということですが・・・
基本的にまるっきり違います。

「ボコーダー」が世に認知されたのは、「YMO」によります。
私などの世代はもろに「YMO」世代なので、特に勘違いしやすいです(笑)

「ボコーダー」は基本的にシンセサイザーです。
シンセサイザーとしての音の合成プロセスの途中で、人間の声を波形を変化させる要素として取り込む事によってあの独特な音を出しています。
ですから、「ボコーダー」から出される音はシンセの音を人間の声で弄った音になります。


対して「AUTO TUNE」は、もともとボーカルの音程を修正する為に産まれた物です。
例えば半音♭した・・・・・orz
なんて時に、正しい音程に戻してしまう物で主にレコーディングなどで使われていた物です。

ただ、音程を修正する過程の中で極端な設定などをすると、声に変化が起こる事が発見されて「ボコーダーっぽいエフェクター」としての使用が広まった訳です。

あっ・・・
「エフェクター」の説明もしますね。
「エフェクター」で無意識のうちに一般的にも認識されている物として、「エコー・ディレイ」が上げられます。
カラオケなどでお馴染み、ヤマビコみたいな「あ~・・・あ~・・あ~」ってやつです。

それに近い物としては、「リバーブ」もあります。
これはお風呂で歌う事を想像してもらうといいですね。残響と思ってもらって大丈夫です。
その他には、音を歪ませる「ディストーション」。
これはエレキギターの音などでお馴染みだと思います。
他にも「ワウワウ」「エキサイター」「コンプレッサー」・・・・・様々な種類があります。


元の話しに戻りまして、ですから「AUTO TUNE」から発せられる音は基本的には「人間の声」だという事です。
シンセの音が発せられる「ボコーダー」とは大きく違いますね。

分り易いボコーダーの動画。「TOKIO」と発音している部分に注目して下さい。ここは本家YMOとそっくりに聞こえます。つまり、本家と同じシンセの音を選択し、声の抑揚などを似せればそっくりな音が出るわけです。



「AUTO TUNE」で作られた音



中田ヤスタカ楽曲提供の鈴木亜美の曲。AUTOTUNEを使っているのだと思いますが、ボコーダーで歌ったように声を加工しているCan't Stop the Disco



Perfumeで「AUTO TUNE」の存在感が分る曲


上と比べてみると「AUTO TUNE」使いも控え目ですね。

PANKでした。


ついでにもう一つ、懐かしくてしょうも無い知識を(笑)
音楽・メディア業界用語です。

日本での音符の呼び名は「ドレミファソラシ」ですよね。
これがドイツ語だと「CDEFGAB」となります。
発音は「ツェー・デー・イー・エフ・ゲー・アー・ハー」です。
これに数字を当てはめていきます。
「ツェー=1・デー=2・イー=3・エフ=4・ゲー=5・アー=6・ハー=7」「またCに戻る8はオクターブ・9はナインス」などと言います。
これを使って金額などを言ったりします。
例えば、「ツェー万ゲー千」なら「1万5千円」です(笑)
20年も前の話しだけど、今でも使っているのだろうか?・・・・・


<関連記事>

神中田ヤスタカ その1



ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!




ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

神との邂逅

2009年11月21日 22:33

どうだろうねえ・・・
もしこんな状況に自分がなったら、まともに話せるかな?
しかも朝方まで酒飲んで、語り合うなんて・・・


何の話かって?
このブログで以前紹介していますが、レースクイーンで最近は音楽活動もしている「水野ちはる」さんのお父上の事です。
通称「父ぱる」氏です。

264bfe64a661f6c85115432d26a3510a.jpg


「父ぱる」氏はPerfumeファンとして有名です。
その「父ぱる」氏が「水野ちはる」さんの仕事上の縁から、なんと「神ヤスタカ」と個人的に飲んだようです。

音楽の話しやら、ファンとしては当然話したいであろうPerfumeの事から、家族・日常生活のことなどをお話して楽しく過ごしたようです。
凄いですよね。
相当にコミュニケーションのスキルが高い人物とお見受けいたしました。

思うに「父ぱる」氏は建設業を営んでますし、どちらかと言うと職人気質な点があるお仕事になるかと思います。
そして「神ヤスタカ」も音楽を作る職人として、根底に共通する物があるのかもしれませんね。


この件で分ったのは、我らが「神」と崇める「ヤスタカ」は、遠い天上にいるのではなく、直ぐ近くの地上にいるらしいという事です(笑)

「水野ちはる」さんによれば、「かなりというか!とっても天然さんでほんとに面白い人間臭い人です♪」だそうですよ!


水野ちはるさんのブログ「ちぱる☆日和」




ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!

             <関連CD・DVD・書籍>



ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

ヨッパライセットって何ぞ?

2009年10月27日 20:10

このブログを書くようになってから、あらゆる動画サイトをうろついているPANKです。


あっ!
そういえばあんな動画もあったなあ・・・
と思っていざ探すと、今年初頭のPerfume関連動画の大量虐殺の影響か、見つからない物が多くてガッカリしています。

例えば「ポリリズム」が今の形になるまでに約半年以上の時間がかかっているのですが、今とはメロディラインが違ったりしていたんですよね。
その別バージョンのLIVE盗録?(笑)音源とかもあったのに・・・
ダウンロードしておけば良かった後悔することしきりです。


ぼやきはこの辺にしまして、今回は「神ヤスタカ」のクラブイベントでのDJ風景です。
日時は2008年07月11日
中田ヤスタカ×鈴木亜美 in 大阪名村造船所というイベント。


この動画は多分携帯で撮った動画だと思いますが、いつものようにビールで出来上がった「神ヤスタカ」が「今日はヨッパセットです!」と言ってPerfumeをプレイします。

Perfumeはヨッパライセットなんですか?(笑)

「神ヤスタカ」が酔っ払って踊る(笑)貴重?な動画です。
見て損は無いと思いますよ!


酔っ払わないとかけられないという事は、どこかPerfumeをプレイするのは手前味噌過ぎて照れくさいとかなんですかね(笑)
でも一旦廻し始めると楽しそうな「神ヤスタカ」が可愛いですね。



ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!

             <関連CD・DVD・書籍>



ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

神の10のルール

2009年09月14日 18:25

TVを普段見ないPANKです。
こんな番組放送されていたんですね。

内容は自分流の生活や仕事に対する、「神ヤスタカ」の10のルールを聞き出す内容。

なかなか面白い内容です。
「神」は人見知りだというのは初耳です。

そして全編を通して感じる、ヤスタカは「音楽」というものを生み出す生粋の職人なんだなという感想。
そして・・・
女好きっ!
いいじゃないですか!男ですもん。
女性を愛してなんぼです!

そして終盤に「神」は語る。
「僕の音楽は万人に受けるものじゃない。受けていいものでも無い」
なるほど確かにそうなんだよな。

Perfumeの音楽って万人受けするものじゃないもん。
でもそれがPerfumeの強みなんだと思うPANK。

多分・・・
Perfumeが王道のアイドル系の曲や、流行のR&B調の曲で大プロモーションを以って売り出したとしても、きっと売れなかった。

中田ヤスタカの音楽を潜在的に待っていた人がいたから、今があるんだと思う。
更にその音楽が、Perfumeという魅力的な媒体と化学反応を起こしたからこそだと思うPANKです。

そして「神」の言葉は、例の騒動の時に感じたPANKの違和感を補完してくれてるようにも思う。
各局のキャプションを飾った「国民的アイドル」って言葉・・・
PANKは違和感がありました。

多分Perfumeのファンは感じています。
Perfumeは国民的アイドルには成り得ないことを・・・

だからこそ、アッ!という間に消費されないでいるんだともPANKは思います。
万人に受けない、だからこそのPerfumeです。
Perfume好きはPerfumeというものしか愛せない!
だからPerfumeに代わるモノが無い!
だから強いんだと思うPANKです。


それでは、有難い「神」の言葉を「変態紳士」の礼節を持って拝謁してください(笑)




<関連記事>
Perfumeってこんなグループ 01
Perfumeってこんなグループ 02
Perfumeの姉貴分
あ~ちゃんの基礎知識 01


1日1回応援クリックをお願いします
http://blog.with2.net/link.php?888184

FC2ランキングに参加してます。ポチッとお願いします!

             <関連CD・DVD・書籍>



ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。