インフォメーション

Perfumeを知らない方は先ずこちらの記事を! Perfumeが気になり出した人への「キラーコンテンツ」

Perfumeをもっと知りたい方はこちらの記事を! Perfumeの基礎知識


お友達ブログの紹介!@週替わり

Perfumeとしょうゆぶろ
PhotoShop等にて、美麗なPerfume画像をお作りになっています。
ダラダラと長いだけの私のブログと違って、伝えたい事を簡潔にポイントを抑えて書かれています。
爪の垢でも煎じて飲ませて頂きたいところです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfumeが好き!ですけど何か?その1

2010年01月23日 22:14

今回のテーマはズバリ!Perfumeにおいての「生歌、リップシンク(口パク)」についてです。
時にファンの間での論争ともなり、アンチにとっての攻撃材料、アンチじゃなくてもマイナス要因になってしまう部分について考えてみたいと思います。



ではこの辺を考えるにあたっての資料となりそうな動画等を挙げながら、PANKの考えを展開したいと思います。

資料として先ずはライブDVDの「bitter」
このDVDには17曲が収録されています。
このDVDでの「生歌・リップシンク」の対比は、生歌11曲に対して、リップシンクは6曲

次にライブDVD「GAME」
このDVDでの内訳は、収録曲17曲に対して生歌4曲リップシンクは13曲です。

一目瞭然ですが、この2枚のライブDVDでは見事に比率が逆転しています。
興味深いですね。

因みに、両DVDの収録時期は、「bitter」が2006年12月21日。
メジャーデビュー第3弾シングル「エレクトロ・ワールド」発売から6ヶ月後。
1stアルバム「Perfume~Complete Best~」発売から5ヶ月後。
「Twinkle Snow Powdery Snow」がネット限定配信された後のライブです。

そして「GAME」が、2008年5月4日及び6月1日のライブの模様の収録。
前作「bitter」からおよそ1年半の経過期間中に、「ファン・サーヴィス~sweet~」「ポリリズム」「Baby Cruising Love」と3枚のシングル群を発売、そしてアルバム「GAME」の発売後のライブです。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

Perfumeの基礎知識 高校卒業そして大学へ

2009年12月11日 18:45

「Perfumeの基礎知識 高校時代その2」からの続きです。


2006年10月28日、「武蔵野美術大学芸術祭 野外フェスティバル'06」に出演する。
このステージで「スイートドーナツ」を披露している最中に、かしゆかがステージから落ちて一瞬ステージから姿を消すハプニングに見舞われる。


ジェニーでは、旧コールが聞けますよ。
また、もっさんが会場に向かう途中で車をぶつけそうになる。


12月21日に原宿アストロホールにて、LIVEイベント「Perfume presents ~Perfumeがいっぱいサンタ呼んじゃいました♪~」が行われる。
この日のLIVEの模様はLIVEDVD「ファン・サーヴィス~bitter~」として、2007年3月14日に発売される。

動画サイトで徐々に人気をはくし始めるも、確かな手応えを掴めたわけでもなかった2006年が静かに幕を閉じる。



そして運命の年、2007年が明ける。


[ 続きを読む ]

無駄な知識になるかもしれませんけどね(笑)

2009年12月05日 20:33

寒いですねえ・・・
綺麗なPerfume画像を作っているじょうゆじょうゆさんのブログで、エレクトロについて書いていたので、便乗記事です(笑)
それにとりたてて何もやる事の無い土曜日なので・・・・・orz
無駄な知識特集でもしようかと(笑)

そんな訳で、Perfumeの楽曲には欠かせない「電子楽器」所謂「シンセサイザー」関係の事でも記事にしようかという事です。


では、シンセとは何ぞ?
これはそれまでの楽器の音を真似たり、反対に楽器や自然界には無かった音を、電気的に合成する機械の事です。
音は波型の波形として、オシロスコープなどで電気的に可視化出来ます。
例えば音楽の授業で使われる「音叉」は、「正弦波」と呼ばれる波形で可視化出来ます。

波形の種類
400px-Waveforms.png

図の上から「正弦波・サイン波」「矩形波」「三角波」「鋸歯状波」と呼ばれます。
波形が違う要因は、含んでいる倍音の違いによります。
電気的に可視化出来るという事は、逆を返せば電気的に作った波形をスピーカーで出力すれば、音を出せるという事です。


これがシンセの始まりです。
ではシンセはどうやって音を作り出すのか?
音の3大構成要素は「音程」「音色」「音量」ということを知っておいて下さい。
そのプロセスはこうです。

アナログシンセで話を進めますね。
先ずは「VCO」ボルテージ・コントロールド・オシレーター。
ここで基本になる波形を出力します。所謂「発信機」ですね。ここは「音程」を司っています。


次に「VCO」で発信された基本の波形は、「VCF」ボルテージ・コントロールド・フィルターに送られます。
ここでは、発信された基本波形の中から特定の倍音(周波数)周辺を強調したり、逆に減衰させるなどして「音色」を作り出します。
例えば、ここで「ピアノ」に近い音に近づけていったりする訳です。


次に「VCF」で作られた信号は、「VCA」ボルテージ・コントロールド・アンプリファイヤーへと送られます。
ここでは送られてきた波形の「音量」の変化などを付けます。
これはどういう事かというと・・・

ピアノを例にとります。
先ずはピアノの音を思い起こしてみて下さい。
強めに鍵盤を叩いた時を思い起こすのが理解し易いと思います。

ピアノは強めに叩くと、先ずは大きな音がすると思います。
これが「アタックレベル」となります。
大きく立ち上がった音は直ぐにちょっと音量が下がり、そして緩やかに減衰していきます。
そして鍵盤を離すと、急激に音量が下がっていきます。
この音量の変化をエンベロープと言い、「VCF」で作られた音色がたとえピアノに近くても、このエンベロープの調整が無いとそれらしく聞こえません。
image009.gif

更にプロセスの途中などに別の波形や、時にはノイズなどを加えて音を作り出す事もあります。
ここまでの説明で出てきた「ボルテージ」の部分は、アナログシンセは電圧で音程や音色のコントロールをしていたからです。

今のシンセは「デジタル」でのコントロールになりましたが、基本的には音を作り出すプロセスは変わっていないようです。




次は、Perfumeの「プラスチックボイス・ケロケロ声」を作り出している例の物についてです。
よくその声を「ボコーダー」で作り出していると思っている方が多いようですが、実際には「AUTO TUNE」と呼ばれるコンピューターソフトで作られています。


では「ボコーダー」と、「AUTO TUNE」はどう違うの?ということですが・・・
基本的にまるっきり違います。

「ボコーダー」が世に認知されたのは、「YMO」によります。
私などの世代はもろに「YMO」世代なので、特に勘違いしやすいです(笑)

「ボコーダー」は基本的にシンセサイザーです。
シンセサイザーとしての音の合成プロセスの途中で、人間の声を波形を変化させる要素として取り込む事によってあの独特な音を出しています。
ですから、「ボコーダー」から出される音はシンセの音を人間の声で弄った音になります。


対して「AUTO TUNE」は、もともとボーカルの音程を修正する為に産まれた物です。
例えば半音♭した・・・・・orz
なんて時に、正しい音程に戻してしまう物で主にレコーディングなどで使われていた物です。

ただ、音程を修正する過程の中で極端な設定などをすると、声に変化が起こる事が発見されて「ボコーダーっぽいエフェクター」としての使用が広まった訳です。

あっ・・・
「エフェクター」の説明もしますね。
「エフェクター」で無意識のうちに一般的にも認識されている物として、「エコー・ディレイ」が上げられます。
カラオケなどでお馴染み、ヤマビコみたいな「あ~・・・あ~・・あ~」ってやつです。

それに近い物としては、「リバーブ」もあります。
これはお風呂で歌う事を想像してもらうといいですね。残響と思ってもらって大丈夫です。
その他には、音を歪ませる「ディストーション」。
これはエレキギターの音などでお馴染みだと思います。
他にも「ワウワウ」「エキサイター」「コンプレッサー」・・・・・様々な種類があります。


元の話しに戻りまして、ですから「AUTO TUNE」から発せられる音は基本的には「人間の声」だという事です。
シンセの音が発せられる「ボコーダー」とは大きく違いますね。

分り易いボコーダーの動画。「TOKIO」と発音している部分に注目して下さい。ここは本家YMOとそっくりに聞こえます。つまり、本家と同じシンセの音を選択し、声の抑揚などを似せればそっくりな音が出るわけです。



「AUTO TUNE」で作られた音



中田ヤスタカ楽曲提供の鈴木亜美の曲。AUTOTUNEを使っているのだと思いますが、ボコーダーで歌ったように声を加工しているCan't Stop the Disco



Perfumeで「AUTO TUNE」の存在感が分る曲


上と比べてみると「AUTO TUNE」使いも控え目ですね。

PANKでした。


ついでにもう一つ、懐かしくてしょうも無い知識を(笑)
音楽・メディア業界用語です。

日本での音符の呼び名は「ドレミファソラシ」ですよね。
これがドイツ語だと「CDEFGAB」となります。
発音は「ツェー・デー・イー・エフ・ゲー・アー・ハー」です。
これに数字を当てはめていきます。
「ツェー=1・デー=2・イー=3・エフ=4・ゲー=5・アー=6・ハー=7」「またCに戻る8はオクターブ・9はナインス」などと言います。
これを使って金額などを言ったりします。
例えば、「ツェー万ゲー千」なら「1万5千円」です(笑)
20年も前の話しだけど、今でも使っているのだろうか?・・・・・


<関連記事>

神中田ヤスタカ その1



ブログランキングに参加しています。下のリンクを押してください。よろしくお願いします!
人気ブログランキング

FC2ランキングにも参加してます。ポチッとお願いします!




ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

Perfumeの基礎知識 高校時代その2

2009年11月09日 20:34

前回の「Perfumeの基礎知識 高校時代その1」からの続きです。



06年3月18日から、19日にかけて「春の移動教室 in 浜名湖」という前代未聞?の企画が催される。
この企画は今のPerfumeの状況からは、到底考えられないイベントだった。
内容は静岡県浜名湖近辺のホテルでの、Perfumeとの一泊旅行みたいなものだった。
お値段は「33,800円」から。

ホテルまでは専用にチャーターされたバス、或いは参加者がそれぞれの交通手段によって現地に集合。
そこに別移動して来たPerfumeが合流した。
各部屋には「粗品」?が用意されていて、粗品のタオルにはメンバー直筆のメッセージが書かれていたりした!
羨ましいぞ!

合流後のホテルでの宴会ではメンバーが参加者にお酌をした。
またメンバーがパジャマ!に着替えての2次会ではチームに別れてゲームを楽しんだりした。
そして翌日は付近の遊園地に移動。
そこでメンバーと共にアトラクションを楽しんだりした。

今同じ事をやったらどうなるんでしょうね・・・
想像しただけで、ファンの狂乱ぶり、混乱ぶりが予想できて楽しいですね(笑)



06年6月28日に、メジャー第3弾シングル「エレクトロ・ワールド」を発売する。
オリコンウィークリーチャートで、77位となる。

この曲は前作2作とは異なり、エレキギターを大胆にフューチャーしロックのテイストを取り入れている為に、ハードな曲調となっている。
ただこの曲で何故「神ヤスタカ」がギターの音を前面に出してきたのかは、機材マニアの感もある「神ヤスタカ」の事もあり、「納得のいくギターのソフト音源」が手に入ったから使ったという事も充分に考えられる。

そして、後のアルバム「GAME」の音作りへと繋がっていく。



PV中のCGは、CG製作では有名な「GONZO」が製作している。
ただこの「GONZO」は最近経営不振に喘いでいるようで心配である。

GONZOのHP

またこの曲には根強いファンが多い。



06年7月5日より、SKY Perfec TV! エンタ!371で「パッパッパッパッパッパッPerfume」が放送を開始する。

そして7月9日に「エレクトロ・ワールド」の発売記念イベントが、「秋葉原AKIBA UDXスクエア」にて行われる。
この時の様子が、「パッパッパッパッパッパッPerfume」にて放送される。

この時のイベント前の「ビラ配り」などの様子が見られる動画。

Watch [TV] ã��ã��ã��ã��ã��ã��ã��ã��ã��ã��ã��ã��Perfume #02 [110â��Sã��ã�³ã��ã�¯ã�©ã��].wmv in ã��ã�®ä»�ã�®é�³æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

秋葉原などでの活動を語る時に、「ビラ配りなどは苦じゃなかった、そういう事を楽しんでいた」などと語る事が多いが、のっちはビラ配りなどで「女子高校生に笑われたりしてショックだった」などとも言っている。

多感な思春期の事だけに、同じ女子高校生に笑われるということが相当なショックだった事は容易に想像できる。
3人だから乗り越えられたのでしょうね。

この頃の衣装は、あ~ちゃんがファーのベストを着ている姿が東北地方の狩猟者「マタギ」を連想させる為に、ファンの間では「マタギ衣裳」と呼ばれる。


「エレクトロ・ワールド」をリリースしたものの、セールス的にもパッとした成果は見られず、引き続き「亀戸」「秋葉原」での地道な活動が続いていく。

[ 続きを読む ]

Perfumeの基礎知識 高校時代その1

2009年11月09日 20:30

2004年4月に3人は「堀越学園」に入学。
無事、高校生となる。
クラスは3人それぞれ別のクラスになる。


かしゆかは、2004年4月には同じ事務所に所属する「三宅裕司」の「Mr.ドシロウトを探せ! 」に、同じBEE-HIVE所属の「Buzy」の「朝間ユリサ」と出演している。




当時のLIVE映像として見つけてきたのが、2004年8月に行われた「Cutie Pop Union '04 ~Summer~」です。

この日のセットリストは、
●エレベーター
●おいしいレシピ
●モノクロームエフェクト
●ビタミンドロップ
●コンピュータードライビング
●スウィートトーナッツ
最初のエレベーターは、3人が楽器を演奏するというとってもレアなLIVEだったようです。
担当はあ~ちゃんがボコーダー、かしゆかがテルミンとシンセサイザー、のっちがシンセドラムだったそうです。


Watch Perfume amuse-tv Shot! 2004.8.18 O-East Cutie Pop Union'04 in ã��ã��ã��ã��ã�\ã�¼ã�¸ã��ã�¯  |  View More Free Videos Online at Veoh.com


このLIVEは3枚目のシングル「ビタミンドロップ」の直前だった為に、3人ともセールスプロモーションも兼ねてか「ビタミンドロップ」用の衣装を着ています。


そして「ビタミンドロップ」のPVです。
この曲になると「神ヤスタカ」の求める歌唱法により近づいてきています。



この曲は詩の内容がアイドルを自嘲しているとも受け取れる為に、当時ファンの間で話題となる。

そしてのっちがとうとう髪をバッサリ!といってますね。
これだけ短くした時はどんな心境だったのでしょうね。


この3枚のシングルは全部廃盤となってしまっています。
しかしその後「Fan Service Prima Box」として、3枚組みになって再発売されています。

この「Fan Service Prima Box」の箱に、LIVEDVDの「Fan Service bitter」を入れるとあることが起こります。
その事をあ~ちゃん曰く「ケミストリーが起こるんじゃけん」と表現しています。
気になった方は是非買っていただいて、「ケミストリー」を体感してください(笑)


その後も「サンストリート亀戸」や、秋葉原での路上LIVEなど地道な活動を継続する。


2005年の夏に行われたエコキャンペーン「打ち水大作戦!2005」の一環としての、DJ momo-i主催の「アキハバラブ」に参加する。

2005-08-08-506.jpg
右端がDJ momo-iこと、「桃井はるこさん」

この時の名義は「Perfume」ではなく「ぱふゅ~む」名義だった。

このイベントに参加していたことは、現在公式に語られる事はなく「Perfumeの黒歴史」と呼ばれる事もある。
またこのイベントにあたっての正式な名義が「ぱふゅ~む」名義である事も、事務所側に何らかの迷いがあったのでは?と推測されている。
「アキバ系」の路線ももしかして考えていた?試してみた?

この時の一連の活動の中では、声優にも挑戦している。



幻とも言えるDJ momo-i提供の楽曲「アキハバラブ」の動画。


当時名古屋で開催されていた「愛・地球博」のステージでも披露されている。


そしてこの頃より「掟ポルシェ」氏。「宇多丸」氏らによる日本語DJ集団申し訳ナイタズのイベントにも度々参加する。


8月にはクラブイベント「J-POP Union vol.2」に参加する。

この時名実共に幻となった・・・
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。